改正入管法・全面施行は来年7月9日に!

昨日Yahooニュースのページに時事通信社の記事として
紹介されていたのが一案早かったか?と思いますが、

今、小出しに施行が開始されている入管法(出入国管理および難民認定法)
の大改正部分が、来年7月9日に全面施行される旨が
閣議決定されたようです。

改正法そのものはすでに公布されていたのですが、
実際に「施行」される日が、政令で別途決定される形に
なっているため、具体的にいつ施行予定になるのか
今までわからなかったのでした。

今回の入管法改正では、別の法律である「外国人登録法」が
廃止になり、外国人も日本人と同様に市区町村役場で
住民登録することになりました。

それに伴って、外国人が所持するカードも
従来の「外国人登録証」→「在留カード」に変更になったり、
永住者から不法滞在の人まで全てが所持していたところが
一定の範囲の人のみが所持することになったりしています。
要は所持が義務付けられている人の範囲が狭まったということです。

私個人としては、今までなら
普段は日本に住んでいない外国人が日本に短期滞在でやってきて
外国人登録をして、同時に印鑑登録もして、会社を設立する
ということが出来たところ、
来年7月9日以降はそういうことができない、という
ところは大きな変化だと思います。

これに該当する人はパーセンテージとしては少ないかも
しれませんけど・・・・・・。

改正点などは以下の入管ページをご覧下さい。
務省・入国管理局 『新たな在留管理制度がスタート』

コメント

非公開コメント

      

トラックバック

http://ogunigyosei.blog112.fc2.com/tb.php/23-e5b01c24