FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護、子育ての必要を満たすビザ?

最近こんな相談がありました。

国際結婚している夫婦。外国人妻の兄弟姉妹も
日本にいる。
日本人夫の父母が高齢だが、自分たち夫婦は両方とも
働いていて、介護サービスでは足りない。
妻の本国から親戚を呼び寄せて介護してもらいたい。

同じく国際結婚している夫婦。子供がいるが、
自分たち夫婦は同じく共働き。
子育てのために本国の両親を呼び寄せられないか。

どちらも、家庭の中にお世話すべき家族がいて
今の同居家族では人手が足りない、それを外国にいる
親戚に手伝ってほしい、というものです。

長きに渡る生活の課題ですので、当然長期のビザがもらえないと
お話になりませんが、現在の日本のビザの制度では
どちらも叶えることはできません。

日本のビザの制度では、家族とは核家族の範囲であると考え、
日本人に外国人の配偶者のビザを認める、
仕事で来た外国人であれば、その配偶者と子供までは
ビザを認めるというのが基本です。

法律の枠組みから言うともともと想定はされていないけれど、
実情に合わせて、外国人の歳を取って本国で一人暮らしできなくなった
親を呼び寄せるビザについては、認められるようになって数年以上経っています。

ただ、昨年の入管法改正では、家族関係のビザの種類については
大枠は変わりませんでしたし、運用についても拡大したということは
ありません。

日本では社会保障として介護保険、介護サービスがあるとは言え、
家族がいなくても困らないというほど頼りになるものでは到底なさそうです。
行政の財政の問題が大きく、この方面の予算が削られるニュースばかり。
その分、家族の負担と責任は増すわけですが、これから日本としては
ビザについてどのように解決していくのでしょう。

コメント

非公開コメント

      

トラックバック

http://ogunigyosei.blog112.fc2.com/tb.php/39-1a9277c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。