調理学校卒業生、和食修業のビザ2年

最近、ちらほら話題にはなっていたのですが、
調理学校の卒業生で和食について修業する人について
ビザが2年間認められる制度が
なんと今日から始まったということです。

留学生、和食修業なら滞在延長


官報を見ると、農林水産省から、この制度の目的や
受け入れ期間の条件等についての1ページの記事は
見つかりますが、
ビザの種類や詳細については、ネット上では
見つけられませんでした。

現在、日本の就労系のビザでは、外国の料理については
「技能」というビザがあり、受け入れていますが、
日本で和食について学んだ学生は、その後日本で
調理師などの資格で就職はできないことに
なっています。

今回の措置は、日本食が無形文化遺産として認められたため
正統な(?)日本食が世界に広まってほしいという
日本政府の願いが現れているものだと思います。

記事の引き写しになりますが、制度は

1)卒業学校と修業先の料理店が実習計画を作って
  農林水産省からの認定を受けること。

2)在学中の「留学」から「特定活動」にビザの変更

3)ひとつのお店あたり、この制度で受け入れられるのは2人まで。

という内容です。

コメント

非公開コメント

      

トラックバック

http://ogunigyosei.blog112.fc2.com/tb.php/48-363de5cc